素晴らしい外見 Taylor(テイラー)812ce 12-Fret DLX-ティラーギター


Description

1974年の創立より厳選された木材選びに加え最新技術を導入し、熟達したクラフトマンの手によって生み出されるテイラー・ギターズ。世界中の様々なジャンルのアーティスト、ミュージシャンから高い評価を得ております。現在、アメリカ国内ではトップクラスのシェアを誇っており、創立以来プレイヤーを魅了し続けるトップブランドです。

マスタービルダーとして新製品の開発を行なっているアンディ・パワーズ氏によって2014年にリニューアルされた800シリーズ。そんな800シリーズに900シリーズの高級感をプラスしたモデル「812ce 12-Fret DLX(Deluxe)」のご紹介です。この800シリーズのプレミアムモデルは、抜群の演奏性を可能にしストレスを感じさせないアームレストや豊かなトーンを実現したアディロンダック・スプルースによるブレイシング、正確なギア比による細かいチューニングに対応したゴトー製(Gotoh)510チューナーなど、まさに800シリーズと900シリーズのハイブリッドでデラックスな改良モデルと言えます。

最大の特徴でもある12フレットジョイント構造、トップにシトカ・スプルース、サイド&バックにはインディアン・ローズウッド、24-7/8インチ・スケールからなるネックにはトロピカル・マホガニー、18フレット仕様の指板にはエボニーを採用。塗装もより薄く仕上げられ、またローズウッドによるピックガードや"Element"インレイを採用した指板など雰囲気を損なわない高級感溢れるルックスに仕上がっております。また「812ce 12-Fret」のボディ・シェイプには取り回しの良さと扱いやすさが得られる小振りなグランド・コンサート、ネックジョイントには革命的とも言える”NTネック・ジョイント”、カッタウェイにはハイポジションでもストレスを感じることなくスムーズなフィンガリングを可能にした"ヴェネチアン・カッタウェイ"を採用しております。

芯のあるシトカ・スプルースと煌びやかで優れたサスティーンを生むインディアン・ローズウッドとの組み合わせはアコースティック・プレイヤーなら誰しもが好むサウンドです。またグランド・コンサート・シェイプにより、その小振りなボディから想像もできないほどパワフルなサウンドが得られ、ピッキング・プレイからフィンガー・ピッキングまでも対応。なお通常よりもややテンション感が得られるスロッテッド・ヘッド仕様になりますので、メリハリの利いたサウンドアクセントもプラスされております。ピックアップ・システムには新たに開発された「Expression System 2」を搭載し、ブリッジ部のサドルの後ろ辺りに設置されており、よりクリアなサウンドが得られ、ヌケが良く非常に輪郭の優れたアコースティック・サウンドを実現しております。通常の800シリーズでは物足りないプレイヤーにお薦めできるモデルです。


Specification

Shape: 12-Fret Grand Concert
Top: Sitka Spruce
Back & Side: Indian Rosewood
Neck: Tropical Mahogany
Finish(Body): Gloss 3.5mil
Fretboard Inlay: Pearl " Element "
Armrest: Rosewood/Maple Radius
Bracing: Adirondack Spruce
Rosette: Single-Ring Abalone Edged w/Rosewood
Binding: Pale Non-Figured Maple
Headstock Overlay: Ebony
Fretboard/Bridge: Ebony
Nut/Saddle: Tusq/Micarta
Tuners: Taylor Slot Head
Scale: 24-7/8"
Electronics: Expression System 2 (ES2)
Case: Taylor Deluxe Hardshell Brown
YAMAHA CPX1200II:トランスルーセントブラック (TLB) ヤマハ エレアコ